シェア100%はライバルがいない無競争

シェア100%はライバルがいない無競争

例を挙げるとお茶漬けの元市場の全部は150億円、76%を保有しているのは著名な長谷円なのです、2位は5%と大きく引き離していますね。大きな市場でたった1社が70%保有しているのはハンバーガー業界のマクドナルド社(75%)などほんのわずかしかないのです。

じゃあ思い切っての事100%を目指したらいいのではないか?ただし1社独占と言うのはランクアップしない、安心ではない、収入が上がらないなど思ったほど良くはないのです、ライバル不在=市場の縮小化、伸びる性が皆無と言う事に唾がり活性化されません。弱者の時はニッチ市場専門に行くのも手でこのニッチ市場では占有率70%と言う会社は多く影響します。

ランチェスター戦略とはその市場を詳細にして各々で競争地位別の戦いをするというものです、客層、クライアント、地域、提供経路、アイテム市場綿密にしているので禁止法の影響もナッシングのです。73.9%を自身のものにしてしまえば他のものを足しても26.1%にしかなりません、これは約3倍の差が有ります。

ただし独占禁止法などが有り大市場で共有70%確保と言うのはほとんど現実味のある話ではないですね。これは市場共有の最終目標数値なのです、どのような戦いでもこれだけを勝ち取れば一人勝ち可能な数字なのですね。

競争し合うからこそ新製品製作や営業などが活性化されているのです、それに伴い市場もどしどし大きくなって行くのですね。